ヘテムルの評判は?!

ヘテムルは、ロリポップの上位版に位置するレンタルサーバーだ。

このヘテムルの最大の特長は、256GBのディスク容量と、マルチドメインが無制限ということだろうか。データベース(MySQL 5.6)も100個まで作れる。

運営会社曰く、クリエイター向けのレンタルサーバーだそうだ。

レンタルサーバーとしては、夜間など若干遅い時はなくはないが、とりたてて遅いということもない。それ以上にマルチドメインが無制限ということで借りられる方が多いのではないだろうか。

ムームードメインでドメインを取得すると、取得時にネームサーバーをヘテムルを選択さえしておけば、あとはヘテムル内で、そのドメインを追加するだけで使える状態になる。この機能によって、ドメインを多数取得して、とりあえず設置しておくという用途には最適なサーバーと言える。

さすがにマルチドメインだからといっても数百ドメインを一つのサーバーに入れるというのはあまりにもリスクが高すぎるだろうから、一時的な利用にしておいた方がいいとは思うが。

また、ヘテムルの特長の一つで、SSHが利用できるというのがある。一般的にはほとんど必要ないだろうが、技術者がいる場合などで、いざというときはこのSSHが利用できるだけで随分違うものだ。特にヘテムルはクリエイター向けとういことで、各種フレームワークも簡単に使えるようになっている。

CakePHP、FuelPHP、ZendFramework2の人気のフレームワークが揃っている。こういうフレームワークを使って作ったプログラムの動作を確認するときにもきっと役立つだろう。

ショッピングカートが必要な人なら、カラーミーショップの簡易版が使えるようになっている。これもコントロールパネルから簡単な設定をするだけで使える。

もう一点、もしかするとこれが最大の特長と思われる方もいるかも知れない。それはColdFusionだ。ColdFusionに対応しているレンタルサーバーはほとんど無いので、これを使いたい方はヘテムルが最適ということになるだろう。ColdFusionへの対応は終了したようだ。。代わりになるかどうか分からないが、代わりにFlash Media Serverに対応している。

他には、SubversionやGitのバージョン管理システムに対応しているし、cronやSSIも使える。

PHPは5.3、5.4、7.0に対応している。ただし、PHPはCGI版であって、モジュール版ではない。

コントロールパネルは、独自のものだが、癖もあまり無いので、おそらく、そんなに難しくはだろう。

価格は、1,500円/月だが、3年契約すれば、1,000円まで下がる。

ヘテムル

ヘテムルは、ロリポップと同じGMOペパボ株式会社が運営するクリエイター向けレンタルサーバーだ。

ディスク容量が256GB、マルチドメイン無制限、MySQLが100個となっている。

CakePHP、FuelPHP、ZendFramework2の人気のフレームワークが簡単に導入できる。もちろんWordPressなども簡単インストールできる。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。