法人向けレンタルサーバーを比較!

法人がホスティングサービスを探している場合は、個人がレンタルサーバーを借りる場合とは、比較するポイントが異なるのは当然だろう。

個人がレンタルサーバーを持つ場合は、安さは重要な要素の一つだろうが、法人の場合は安いことよりはトータルのコストを考えておく必要があるだろう。

例えば、稼働率が低いレンタルサーバーや、不安定なレンタルサーバーは機会損失が大きくなり、コストが安くなるとは言えない。

ここでは、法人向けホスティングサービスを比較しているが、個人でも手の届く位の比較的格安な法人向けレンタルサーバーを中心に比較している。実際、筆者も借りているレンタルサーバーや借りていたサーバーも沢山ある。

基本的には、稼働率100%保障のSLA(品質保証制度)を制定しているレンタルサーバーがおすすめだ。

法人向けホスティングサービス人気ランキング

WebARENA

NTTPCのレンタルサーバー。セキュリティ対策もサポート体制も充実。しかも格安!

CPI

テストサーバー付、自動バックアップ、稼働率100%、マルチドメイン無制限!

GMOクラウド

複数サーバーの分散処理で抜群の耐障害性と安定したパフォーマンスを実現でも格安!

稼働率・安定性・サーバー機能で比較

法人向けホスティングサービスで最も重要なポイントは、やはりサーバーが落ちないことだろう。

安いレンタルサーバーは、このあたりの対策が弱いのは、致し方のないところではあるが、法人がレンタルサーバーを借りる場合は、そんなことを言ってられない。

ホームページはもちろん、メールサーバーも重要だ。大事なメールがサーバーが落ちていたがために届かなかったなんてことは、笑い話ではすまない。

サーバーが物理的障害で落ちることに対しては、冗長化、二重化でほとんどのサーバーが対応してくれている。このあたりに関しては、格安レンタルサーバーであっても、よほどのことがない限りは対応してくれているだろう。

サーバーにアクセスできないのは、サーバーの物理的な障害だけとは限らない。ネットワークの障害もよく発生する。

ネットワークの障害が発生した場合に、別回線で接続できるのも大事なポイントだ。

他には、共用のレンタルサーバーならではの問題として、他のユーザーが負荷をかけすぎている場合に、サーバーが不安定になる問題がある。格安サーバーは、どうしても一台に沢山のユーザーが入るため、他のユーザーの影響も受けがちだ。

その点、価格が高くなればなるほど、1台あたりのユーザー数は減っていくと考えられる。最終的には専用サーバーを検討するのもいいだろう。

以前は専用サーバーを借りても、セキュリティ設定などは、自分でする必要があり、知識のある管理者がいないと運用するのは難しかったが、今では、マネージド専用サーバーというサービスも一般的になってきている。マネージド専用サーバーは、専用サーバーではあるが、管理はホスティング会社が通常のレンタルサーバーと同様に運用してくれるから、共用サーバーを借りるのと全く同じように扱える。そのため、管理者がいなくても、問題がない。

マネージドサーバーの場合は、専用サーバーほど自由度はないが、価格は安価になっており、1~2万円/月で借りることができるため、より安定性の高いサーバーを探している人にはおすすめだ。

もちろん、占有サーバーということは、回線自体も占有だから、ネットワーク環境の面でも、安定するのはいうまでもない。

いずれにしてもビジネス用途でレンタルサーバーを借りるのであれば、100%稼働してもらわないと機会損失が発生してしまう。

よって、おすすめは稼働率100%保障のSLA(品質保証制度)を制定しているレンタルサーバーだ。

稼働率100%保障のSLA(品質保証制度)を制定しているレンタルサーバーというのは、法人向けでは比較的一般的だ。

ただし、この稼働率の計算方法が、多少違いがある。稼働しているか否かを、システムで監視している場合と、利用者からの指摘で判断する場合があるのだ。

前者のシステムで監視する場合は、その監視システムが動いているのかという疑問がなくはないが、基本的には信頼できると考えられる。

後者の場合、利用者でずっと監視し続けることはほとんど不可能だから、若干不安が残りそうだ。

そうはいっても、利用者側もログなどをチェックすることである程度把握できるわけだから、SLAを設定している以上は、信頼度はあるのだろうとは判断できるし、後者の方が当然ながら安い。

したがって、安さばかりを気にするというのもどうかとは思われる。このあたりは、費用対効果をどう考えるかというところだろう。

バックアップ機能で比較

データ喪失ということは、そうそう起こることではないが、そうは言っても、かつて某大手サーバー会社が大規模な障害を発生させたように、人為的なミスで障害発生のリスクはどうしてもつきまとう。

こういう場合に備えて、バックアップ機能も重要な要素といえる。バックアップは、面倒だし、障害が発生するまでは役に立たないから、どうしても軽視しがちだが、障害が発生してからで遅いのはここであえて書くまでもないだろう。

HTMLで作成したホームページなら、FTPでアップロードしている為、データ喪失でも、バックアップは手元にあるわけだが、昨今人気のWordPressのように、サーバーのデータベースにデータが格納されているようなシステムの場合は、定期的にバックアップしていないと、どうしようもない。

SSLサーバ証明書の持ち込みで比較

昨今、WEBサイトを運営する際、特に企業など法人がホスティングサービスを利用して運営する場合、SSL化はもはや必須とも言えるかもしれない。

少なくともここ1~2年内にはSSL化はしなければいけなくなると思われる。

SSL化の詳細はコチラで紹介しているので参照してもらいたいが、SSL化するためにはSSLサーバ証明書が必要だ。

SSLサーバ証明書の価格は決して安くない、また、SSLサーバ証明書は販売サイトによって価格は異なるため、少しでも安いところで購入したいと考える人も多いだろう。

ところが、他社で購入したSSLサーバ証明書を持ち込めないホスティングサービスも無くはないのだ。

従って、今後SSL化を検討してレンタルサーバーを借りる場合には、SSLサーバ証明書を持ち込めるか否かも確認しておいた方がいいだろう。

法人向けレンタルサーバー・ホスティングサービス人気ランキング

法人向けレンタルサーバーの管理画面は多くが、オリジナルとなっている。そして、どこもわかりづらい。色々な設定ができるようになっているためなのだろう。

そうそう引越すものでは無いだろうし、すぐに慣れるだろうから、他のレンタルサーバーを使ったことがある人ならまずは問題ないだろう。

この記事の関連リンク

  • SSL化は必須!格安おすすめSSLサーバ証明書を紹介SSL化は必須!格安おすすめSSLサーバ証明書を紹介
    今やショッピングサイトや、資料請求フォームなど個人情報入力画面では必須のSSL化。SSL化するにはSSLサーバ証明書が必要。SSLサーバ証明書についての紹介から選び方や格安なSSLサーバ証明書を紹介します。
  • さくらのレンタルサーバーを借りておけば間違いないさくらのレンタルサーバーを借りておけば間違いない
    さくらインターネットが提供するさくらのレンタルサーバーは、格安レンタルサーバーの中でも機能面はもちろん信頼性も高く、よく分からない人に最もオススメできるレンタルサーバーだ。何より日本の草分け的な存在のレンタルサーバーだ。
  • GMOクラウドのレンタルサーバーは分散処理で高安定性!GMOクラウドのレンタルサーバーは分散処理で高安定性!
    さくらサーバーと並んで日本のレンタルサーバーの中心的存在のGMOグループのGMOクラウドは元アイルで、実績十分のレンタルサーバーだ。ビジネス向けの共用レンタルサーバーとしては最も人気のレンタルサーバーの一つといえるだろう。
  • CPIのレンタルサーバーを借りた顛末記CPIのレンタルサーバーを借りた顛末記
    CPIはKDDIグループのレンタルサーバー。価格は決して安くはないがマルチドメイン無制限だ。レンタルサーバーとしては充実した機能・サービス内容、無料SSLは使えないがCPI SSLが1枚無料となっており小規模な法人に特におすすめだ。